カテゴリー

iOSならSwiftを理解しよう

iOSならSwiftを理解しようiPhoneなどのApple社製端末に搭載されているiOSに対応するアプリ開発をするには、Androidとは違った知識が必要になります。ここでは、iOSアプリに必要なプログラミング言語と独学での学び方について見ていきましょう。

LINEで送る

iOSアプリ開発に使う言語「Swift」

「Swift」は、2014年にAppleから新たに発表されたプログラミング言語です。Swiftは、それまで使用されていたObjective-Cよりもはるかに使いやすいと注目されています。全体的に細かい部分が減ってコードを簡単に作成できるようになったため、初心者でも学びやすい言語とも言われています。このように、プログラム全体が簡素化されていながら動作は高速で、デバックもとても楽に行うことができますし、Objective-Cとの互換性もあるので便利に活用できます。既にObjective-Cを扱える人であれば、新たにSwiftを学ぶためにかかる時間を大幅に削減することができるので、とても効率的で生産性の高いアプリ開発が期待できるでしょう。

独学でSwiftを習得する

初心者でも学びやすいSwiftを、独学で覚えていくにはどうしたらいいでしょうか。テキストを見ながら勉強していく方法ももちろんいいのですが、もっと簡単でコストをかけずに勉強する方法があります。それがインターネットの学習サイトの活用です。動画学習は、スクールに通わずに自分のペースで学習していけるのが魅力です。本などでは伝わりにくいような視覚に訴える部分は、動画ならではの学習効果を得られるので言語習得までのスピードはかなり短縮されることでしょう。プログラミング言語を学べるオンラインサイトは色々とありますが、初心者の方におすすめなのが「schoo」という動画学習サイトです。

shcoo

shcoo(スクー)は、動画で授業を学ぶことができる無料の学習サイトです。このサイトの凄いところは、授業が生放送で行われているということです。Web教室に入ると、講師や参加しているその他の受講生達とタイムラインでつながります。授業が始まると、ノート機能の部分に重要なことを書きこんで保存することができますし、チャット欄で他の生徒同士のコミュニケーションもとれます。講師に質問を投稿すると、それが授業で取り上げられることもあるのでわからないところもしっかり理解できます。もし他の受講生が投稿した質問と同じことを聞きたいと思ったら、「私も聞きたい!」ボタンを押すとより取り上げてもらいやすくなるでしょう。
もし受講したい講座を生放送で見られなかったとしても、後日録画授業を受講できるサービスもあります。録画なのでチャット機能の利用はできませんが、生放送時のチャットは見られるので、他の受講生が疑問に思ったことやわからなかったことの答えを見ることができます。

サイトに移動する

shcooなら、自宅に居ながらにしてスクールに通うような感覚でプログラミング言語を学ぶことができます。

当サイト月間人気記事