カテゴリー

レバテックフリーランスで稼ごう

レバテックフリーランスで稼ごうアプリ開発を仕事とする場合、会社員はどれだけやっても固定給にその他の報酬が加わった程度になりますが、フリーランスならやった仕事の分だけ報酬に繋がるのでやりがいもまた別格のものがあります。そこで、フリーランスで活動していく際におすすめなのが「レバテックフリーランス」です。

LINEで送る

アプリ開発エンジニア求人の現状

業界最大規模の案件数を誇るレバテックフリーランスによると、システムエンジニアやプログラマの次にスマートフォンアプリ開発エンジニアの案件が多いようです。言語別の案件数で見てもAndroid用のアプリ開発に必要なJava、iOS用のアプリ開発に必要なSwift・Objective-Cのスキルを求める企業は多く、こういった数字を見るだけでも需要が非常に高いことがわかります。近年スマートフォンの普及が急速に進んでいることからも、この先アプリ開発エンジニアの需要は増え続けることが予想されます。この状況に比例するように、得られる報酬額(年収)が900万円を超える場合も少なくありません。

レバテックフリーランスだからこそ

IT系エンジニアでフリーランスを目指す人なら知らない人はいないと言ってもいいほど有名なのが、レバテックフリーランスです。求人情報数の多さはもちろんのこと、専門知識が豊富な専属コンサルタントが、クライアントとの顔合わせから参画後のフォローまでしっかりと面倒を見てくれます。豊富な実績で業界からの信頼も厚いため、高単価、高条件の案件も数多く保有していて、レバテックフリーランスを通さなければ知ることのできない非公開案件の紹介も受けられます。

レベルの高い充実したサポート

フリーランスになると企業との条件交渉が何かと難しく、希望の報酬額を思い切って提示できないこともありますが、そのような交渉もコンサルタントがしっかりと行ってくれるので、自分の能力に見合った報酬を堂々と受け取ることができるでしょう。レバテックフリーランスは何と言っても保有している案件数が多いので、たとえ経験の浅いエンジニアでもマッチする案件を見つけ出してくれます。無事企業との契約が成立してプロジェクトがスタートしてからも、定期的にヒアリングをして状況に合ったサポートをしてくれるので、フリーランスならではの弱みをしっかりと補う心強い味方になります。
スマートフォンアプリ開発エンジニアの需要は多いですが、まだまだ始まったばかりのジャンルということもあって長年の経験者がいないため、早いうちからアプリ開発エンジニアとしての経験を重ねていくのは大きなアドバンテージになるでしょう。

サイトに移動する

フリーランスについての関心があるならば、まずはレバテックフリーランスに相談してみることで有益な情報を得ることができます。

当サイト月間人気記事